くだらないことに本気

最近は読む価値無しの雑記か愚痴。趣味でゲーム作ってます。

新作ゲーム「えぴそーど0」できました

f:id:inwan:20180102132529p:plain

 

 みなさん明けましておめでとうございます('ω')ノ

 

 さっそくですが、わたくし、この正月休みでゲームを一本作ると宣言しておりました通り、できましたよ!!!

 

 そして今回のゲームは前回の記事で書いた通りストーリーのあるゲームとなっております。まぁクソみたいなストーリー(ある意味本当にクソなんですが)だけど、ストーリーがあるからゲームとしての個性が確立できるとわたしは信じております( ー`дー´)キリッ

 

まぁ話は後回しにしてとりあえず遊んでよ(スタートゥをクリック!)

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 どうよ?( ・´ー・`)

 クソげーでしょ?いろんな意味で( ´,_ゝ`)プッ

 

 なんか適当に落書きしてたらニコチャン大王みたいなキャラができたから、それを使って作ってたらどんどん調子に乗って下ネタになっていっちゃったんだよね(;´∀`)

 

 でもまぁ本気でくだらないものを作るってことが大事なことなんじゃないかとおもうんですよ。言い訳やないけど。

 昔のアニメとか漫画とか大人の自分が今冷静に考えると「くだらない」って思うものが結構あるじゃないですか(批判してるわけじゃないですよ。大人になって得た常識とかで考えてしまうとそうなるってこと)。だけど当時の大人達がその「くだらない」を本気でやってたわけですから。きっと「くだらねー(笑)」って言いながら作ってたんですよ(´∀`)

 (※注:ここでは「くだらない」って書いたけど、ほかにも「ありえねー(笑)」とか「話くさ過ぎ(笑)」とか「そんなひどい展開ある?」とか、絶対ツッコミ入れながらつくってたと思う。勝手な想像だけど)

 

 でね、目指したのは昭和風アニメ&ヒーローな感じ。落書きみたいな絵ですが多少なり感じ取ってもらえたらありがたい(;´∀`)

 画像に関しては最初はファミコン風にドット絵な感じにしたかったんですが、そうすると制作難度が逆に上がってしまうため諦めました(^^;)こんな落書きみたいな絵も逆に個性でしょ?

 

 あと、今回のゲームは1面しかありません。ほぼ試作みたいな感じでとりあえず作ったみたいなもんです。なのでエピソード0ってことにしたわけです。とりあえず1本オープニングからエンディングまで完結させてみた、という感じです。

 

 実は今回のベースとなるシューティングゲームは半年くらい前にenchant.jsで初めて作ったゲームなんですよ。それに新しくイベントシーン用のプログラムを開発して挿入して新しく生まれ変わらせたってわけです。っていうか手抜きですが(^^;)

 

 今回やってみてやっぱストーリーがあってイベントシーンとか挟まるとゲームらしさがグッと上がりますね。ゲームがカスでもうまくごまかせてる気がする(笑)

 自分にはこういうゲーム制作があってるんだと思う。いまさらプログラム本気で勉強してもプロにはかなわんので自分らしい方向に進んでいかないとね(笑)

 

 そんな感じ('ω')ノ

 

あ、音はこちらから借りました

www.skipmore.com