くだらないことに本気

最近は読む価値無しの雑記か愚痴。趣味でゲーム作ってます。

新作ゲーム「秘密警察ギャボリン」完成!!お披露目!!

  ついに!

 

 ついにできたぞ!コンチクショー!!

 

 お待たせいたしました(誰か待ってたっけ?)。わたくしの新作ゲームがついに完成いたしました(`・ω・´)

 言いたいことはたくさんあるが、まぁ先に遊んでおくれ↓↓

遊び方

 画面上部にある時限装置を破壊することが目的です。時限装置は動きませんが間にある防衛装置が動いてうまく狙えません。防衛装置の隙間を狙って時限装置を破壊しましょう。

 防衛装置に当ててしまうと時限爆弾が爆発してゲームオーバーになります。

 感動のエンディングがあるので全ステージクリアを目指してください。ステージ数は今のところ39あります。

 ゲームとしては以前紹介した「タイミング射的」と全く同じです。暇な人は遊び比べてください↓↓

タイミング射的 | ウェブゲームセンターコスモ

制作の話&言い訳

 今回、このゲームを作るにあたって目標としたのはオープニングからエンディング、それとゲームオーバーまでちゃんとあること。まともな一本のゲームとしてちゃんと完成させることでした。まぁ結果としては出来はしましたが妥協した点が多々ありました(^^;)

 本当ならエンディングのスタッフロールは回想シーン(何を回想するのか謎だが)を入れながらかっこいい感じに作りたかったんですがすでに根気が尽きていて手を抜きました(´・ω・`)

 ていうか実はエンディングにはギャボリンのテーマソングを自作して入れてやろうか!とすら思っていたんですがエンディングを作り始めたあたりで私のライフはほとんど0になっておりました(´Д`)ハァ…いつか作りたいと思います。。。

 

 プログラム的にはこれまで作ってきたものを改造するだけみたいな感じではあったんですが、演出を足したりしていくと思いのほか改造が必要な個所が多く、問題点が結構発見されました。とりあえずその場しのぎでどうにかしたものの、これから修正を加えてより良いものにしていきたいと思います(´Д`)

 

 しかし、結局何が一番疲れたかって言ったら「ストーリー&演出」でした(エンディングの部分)。こんなアホなストーリーでも流れや見せ方をちゃんと考えないと本当にただのアホになってしまうのですごい悩みました。

 ただの思い付きのストーリーなのに絵の構成を真剣に考えたり、描いてみて「違うなぁ」なんてブツブツ言いながら何日も格闘しました。

 

 と、そんなこんながありつつ完成した、というわけです(^^;)

 

 

 さてさて、完成したばかりですが、次のギャボリンは何で悪と戦うのか?と、くだらない妄想を膨らませながら次回作の用意をのんびりしていきたいと思います。

 

 じゃぁの('ω')ノ