くだらないことに本気

最近は読む価値無しの雑記か愚痴。趣味でゲーム作ってます。

アクションゲーム制作日記 その2

f:id:inwan:20180307213235j:plain

 

ども('ω')ノ

今日はなんだかやる気が起きてこないので制作日記でも書いておこうかな。

 

現段階ではこんなかんじでござる。

サンプルを遊ぶ←(埋め込みだとキーボードで操作できないのでリンク先に飛んでください(;´・ω・)

 キーボードの矢印キー上でジャンプ、下でスライディング、右でダッシュとなっています。スマホの場合は画面の各ボタンを押して操作してください。※注)マウスと矢印キーの併用も可能ですが特にプレイがしやすくなるというようなことはありません( ´艸`) 

走ってジャンプするだけ

 制作日記その1の中で紹介した一番単純な「ジャンプするだけ」のプログラムをもとにゲームを作っていっています。とりあえずシンプルなところからノウハウを蓄積していこう、っていう方針です(言い訳)

単純だと思いきや意外と難しい

 単純で簡単なプログラムですぐできるかと思いきや意外と難しい。スマホ・PCどちらでも操作できるようにしたかったので操作関係でちょっと試行錯誤。キーボードだと複数同時押しが可能なのでその制御とか、ここだけで思いのほかプログラムが長くなった(-_-;)この辺はもうちょっと経験積んでうまく整理する方法を見つけていかんといかんね。。

 でもここで思いがけない発見があったんだよね(´∀`)だけどそれはまだ秘密( ´艸`)

敵キャラの大きさを変える

 enchant.jsで作るとき、最初にキャラクターのサイズを決めてオブジェクトを作るんだけど、そのオブジェクトを使いまわすようにすると違うサイズのキャラは使えない。じゃぁ必要なくなったオブジェクトを廃棄して新しく生成するようにすると今度は表示順番の問題が出てくる(追加したものが手前になる)。。っていう問題があって、z-indexは使えなくはないけどサポートはされてないし、、、

 って悩んでた問題を解決するに当たり、「えぴそーど0」からコピーして入れた「敵出現プログラム」の改善案が浮かんでついでに修正。

 問題がなければいろんな大きさの敵キャラを出せるようになる!はず。。 

ストーリーとか 

 いまのところ私が適当に落書きしたキャラが走ってますが、これはもちろんギャボリンになる予定です。ストーリーとしては犯人追跡&逮捕みたいな感じに持っていきたいと思ってます。

  (一応、この追跡っていうことを考えてダッシュボタンをつけました。さらにジャンプやスライディングをするとその間スピードが落ちる演出としてキャラが少しずつ画面後方にずれていくようになってます。)

まとめ

 現段階ではこんな感じです。まだまだ完成には時間がかかりそうです(´Д`)

 今回のゲーム制作でプログラム(enchant.js)について結構いろんな発見があったので完成したらその辺のことも記事にしていきたいと思います(たぶん)

 

 まぁ今日はこんな感じ('ω')ノ

 

 ↓ ↓ 私のゲームサイト ↓ ↓

wgc-cosmo.com